• ご来院される皆さまへ
  • 診療科目・部門紹介
  • 健康診断・人間ドック
  • 採用情報
  • 今村病院について

神経内科

神経内科では、中枢神経(大脳・小脳・脊髄など)、末梢神経、筋肉を障害する様々な疾患を診療します。 脳血管障害(脳梗塞、一過性脳虚血発作、脳出血、くも膜下出血、ウィリス動脈輪閉塞症)、パーキンソン病が主な対象疾患になります。

パーキンソン病への取り組み

めずらしい病気ではなくなってきています。

主に40歳から50歳以降に発症し、ゆっくりと進行する原因不明の神経変性疾患です。神経伝達物質の一つであるドーパミンが減少する事で起こると考えられています。パーキンソン病の日本での有病率は、人口1,000人当たりに約一人と言われており、日本全体で10万人以上の患者さんがいると推定されおり、高齢化社会を迎えるにあたって、今後ますます患者数は増えると予想されています。

パーキンソン病が始まるときには「年のせいかな」と思うことがよくありますが、
パーキンソン病の主な初期症状には、「ふるえ」「固縮」「無動」「姿勢障害」の4つが知られています。

ふるえ

【写真】パーキンソン病 ふるえの様子

ふるえは、「静止時振戦(せいしじしんせん)」といわれ、じっとしている時に手や足にふるえが現れることが特徴です。

例えば、手を膝に置き、じっと座っていると膝の上の手がふるえだします。手を膝から離して何かをしようとするとふるえは消えます。

無動

筋肉がこわばって、手や足の動きからスムーズさが失われ、固く縮んだようになります。

固縮

椅子に座ったとき、足や手をゆらすことが少なくなります。人より遅れて歩くようになる、まばたきの回数が減る、字を書くと小さな字になる場合があるというように、健康な人に比べて体の動きが異常に少なくなります。

姿勢障害

体の姿勢を変えようとするときにスムーズにできなくなります。立っているだけでは問題がありませんが、人とぶつかったり、押されてバランスを崩したときなど、元の姿勢に戻ることがスムーズにできなくなります。

その他の症状
パーキンソン病には、4つの症状以外にも、便秘、排尿障害、立ちくらみ、発汗異常(汗をかきやすい)といった自律神経症状があります。また、気持ちが落ち込む、うつ症状も知られています。近年パーキンソン病の治療は神経疾患のなかでも進歩しており、適切な治療を行えば生活能力を維持・向上することも可能です。

神経内科では次のような症状を扱っております。

診療科目・部門紹介トップへ

血管内治療(IVR)センター

センターのページへ

血管内治療(IVR)センターは「血管内治療」に特化した新施設です。
今村病院では最先端の医療で患者さまをサポートしています。センター概要はこちらからご覧ください。

脳神経外科
最新の医療と確かな検査技術であなたの脳と、神経を守ります。
循環器科
高血圧や心臓疾患、動脈硬化、成人病など心臓の病気などのエキスパートです。
放射線科
カテーテル治療の手技を用いて、様々な腫瘍や血管病変の治療を行っています。
  • 外来診療のご案内
  • 入院のご案内
  • 今村病院について

内視鏡治療センターのご案内 最先端の技術・設備による内視鏡治療・検査をご提供

専門外来

今村病院では経験・知識が豊富な専門医の診療をお気軽に受診いただけます。

特診外来

今村病院では特診外来を実施しております。要予約

生活習慣病の一次予防のための遺伝子検査を開始 体質遺伝子検査(肥満遺伝子・アルコール感受性遺伝子)を開始しました。一人ひとりにあった病気の治療や予防をすることができます!

地域医療連携室

地域医療連携室

患者さまにより良い医療を提供するために、診療所と当院が協力しながら患者さまを中心とした医療を実践していきます。

詳細ページへ

在宅医療・訪問看護

在宅医療・訪問看護

本院を拠点に在宅医療を展開しています。ご自宅でも、必要な検査も受けられ、急変時の際には本院への対応がスムーズになります。

詳細ページへ

人間ドック

人間ドック

病気の早期発見・予防のため、最新医療機器による検査システムをご提供します。快適に受診いただけるよう配慮しています。

詳細ページへ

如水会広報誌

如水会広報誌

今村病院では病院のことを広く患者さまや地域の皆さまに知っていただきたく、定期的に病院広報誌を発行しております。

詳細ページへ

ページの先頭へ戻る