• ご来院される皆さまへ
  • 診療科目・部門紹介
  • 健康診断・人間ドック
  • 採用情報
  • 今村病院について

呼吸器内科

呼吸器内科では、気管支喘息・慢性気管支炎・気管支拡張症といった気管支の病気や、肺炎などの呼吸器感染症・間質性肺炎などの、びまん性肺疾患に対するガイドラインに基づいた診断と治療,慢性呼吸不全患者の患者さまに対する在宅酸素療法や在宅人工呼吸療法などを行っています。

肺がん、塵肺、結核について、CT・MRI・検体検査はもちろんのこと、胸部疾患診断に欠かせない気管支内視鏡検査が可能であり、治療におきましても気管支喘息・慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺炎などの良性疾患、肺がんなどの悪性疾患に関しても大学病院と連携して治療にあたっております。

主な症状

喘息

このような症状はありますか?

上記のような症状がある場合はご相談ください。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

【写真】COPDは長年のタバコが原因があげられます

「COPD」という言葉は耳慣れないかもしれませんが、
以前から「肺気腫」、「慢性気管支炎」と呼ばれてきた呼吸器の病気です。

長年のタバコが原因で、空気の通り道である気道や、酸素を体内にとりこむ肺(肺胞)などに障害が生じ、空気の流れが慢性的に悪くなる病気であり、長年の喫煙習慣が主な原因であることから「肺の生活習慣病」とも呼ばれています。

このような症状はありますか?

進行性の病気なので、次第に軽い動作でも息苦しくなってきます。
さらに進行すると、息苦しさのため着替えやトイレも大変になったり、高血圧や心臓の合併症も出てきます。

長引く咳

【写真】長引く咳は危険信号です

咳は、外から入る異物や気道にたまった痰を体の外へ出すための大切な反射です。しかし、2~3週間以上咳が続くときは注意が必要です。

とても多くの病気が「長引く咳」の原因となります。咳喘息、アトピー咳、後鼻漏、胃食道逆流、マイコプラズマ、百日咳、クラミジア、COPD、肺結核、肺癌、間質性肺炎、血圧の薬の影響(ACE阻害剤)… などです。その他、風邪や急性気管支炎のあとに空気の通り道(気道)の粘膜が荒れて敏感になって咳が長引く場合も多くあります。

3週間以上咳がつづく場合は、一度胸部レントゲン検査を行い、
まず肺結核、肺癌、間質性肺炎などの重要な病気でないことを確認する必要があります。

診療科目・部門紹介トップへ

血管内治療(IVR)センター

センターのページへ

血管内治療(IVR)センターは「血管内治療」に特化した新施設です。
今村病院では最先端の医療で患者さまをサポートしています。センター概要はこちらからご覧ください。

脳神経外科
最新の医療と確かな検査技術であなたの脳と、神経を守ります。
循環器内科
高血圧や心臓疾患、動脈硬化、成人病など心臓の病気などのエキスパートです。
放射線科
カテーテル治療の手技を用いて、様々な腫瘍や血管病変の治療を行っています。
  • 外来診療のご案内
  • 入院のご案内
  • 今村病院について

医師募集中

最新鋭CT キャノン製Area Detector導入 世界最多列(ハイエンド320列)高速回転(0.275秒)の高速撮影により検査の負担を軽減します。※2018年12月1日導入

内視鏡治療センターのご案内 最先端の技術・設備による内視鏡治療・検査をご提供

専門外来

今村病院では経験・知識が豊富な専門医の診療をお気軽に受診いただけます。

特診外来

今村病院では特診外来を実施しております。要予約

生活習慣病の一次予防のための遺伝子検査を開始 体質遺伝子検査(肥満遺伝子・アルコール感受性遺伝子)を開始しました。一人ひとりにあった病気の治療や予防をすることができます!

地域医療連携室

患者さまにより良い医療を提供するために、診療所と当院が協力しながら患者さまを中心とした医療を実践していきます。

詳細ページへ

在宅医療・訪問看護

在宅医療・訪問看護

本院を拠点に在宅医療を展開しています。ご自宅でも、必要な検査も受けられ、急変時の際には本院への対応がスムーズになります。

詳細ページへ

人間ドック

人間ドック

病気の早期発見・予防のため、最新医療機器による検査システムをご提供します。快適に受診いただけるよう配慮しています。

詳細ページへ

如水会広報誌

如水会広報誌

今村病院では病院のことを広く患者さまや地域の皆さまに知っていただきたく、定期的に病院広報誌を発行しております。

詳細ページへ

ページの先頭へ戻る